まつ毛美容液のルミガンとは

ビマトプロスト成分配合のまつ毛美容液の代表でもあるルミガンは、もともと緑内障の点眼薬としての開発された商品でしたが、有効成分であるビマトプロストにまつ毛への育毛効果が認められたことにより、現在では緑内障の点眼薬としてではなく、まつ毛美容液ルミガンとして使用されるようになりました。それでは、この美容液ルミガンについてご紹介していきましょう。

 

 

ルミガンとは

ルミガンは、緑内障患者の治療用として世界で使用されている有名な点眼薬です。この点眼薬は、アメリカのアラガン社によって開発された商品で、もともとは、緑内障の治療薬として開発されていたものでしたが、ルミガンの有効成分であるビマトプロストにまつ毛が長くそして濃くなる改善効果が得られることがわかり、その効果が医学的にも立証され、世界で始めてまつ毛の育毛効果が得られるまつ毛育毛剤として利用されるようになりました。

 

 

有効成分ビマトプロストの効果効能について

このルミガンに含まれる主要成分として、ビマトプロストという成分が含まれており、この成分によって大きく2つの効果が得られています。

 

効果
  • 毛周期の成長期の延長
  • 毛包の刺激

 

これら3つの効果によって、まつ毛の量や濃さをアップさせることができるのです。このビマトプロテスト以外にも、クエン酸、精製水、塩化ベンザルコニウム、ナトリウム塩化物、リン酸ナトリウムなどが含有されています。これらは、保存剤としても利用されており、人によって副作用が現れる場合がありますので、注意することが大切です。

 

 

使用するメリット

ビマトプロストの効果によって、まつ毛に対して下記のようなメリットがあります。

 

  • まつ毛が抜けなくなる
  • まつ毛が崩れなくなる
  • メイク落とし時間の短縮
  • マスカラ等が不要になり節約できる
  • 人からその変化に声を掛けられる

 

このように、まつ毛が丈夫になることによって、日常生活において金銭面の節約、時間の短縮ができ、又美容の手入れが不要になったという声が上がってきています。

 

 

ルミガンを利用する上での副作用と注意点とは

ルミガンは、まつ毛効果が期待される育毛剤として便利な商品ですが、副作用がある商品であることも理解しておきましょう。それではいったいどんな副作用が潜んでいるのかみていきましょう。
ルミガンの副作用として挙げられる症状には、下記のような症例が挙げられています。

 

副作用
  • 結膜充血
  • 色素沈着
  • 痒み

 

副作用の発生頻度は低いですが、これらのような、目の充血や色素沈着やかゆみ等の症状が現れる場合があります。副作用は使用を中止すると治まる場合がほとんどですが、念のため医師の診断を受けることをおすすめします。

 

ルミガンは、もともと目の治療薬として作られた薬ですので、失明する程の副作用はありません。正しく使用していればこうした副作用が起こることはほとんどありませんが、症状が出た時や、妊娠中などは使用を中止するようにしましょう。