各種まつ毛美容液の違いについて

まつ毛への増毛、育毛効果があるビマトプロスト成分という医薬成分が配合されたまつ毛美容液と、一般的に市販されているまつ毛美容液の違いについて解説していきます。

 

市販のまつ毛美容液とは

昨今多くのまつ毛美容液が発売されるようなり、近くのドラッグストアーなどでも手軽に購入できるようになりまたが、これらは直接、まつ毛を伸ばしたり、増毛したりする効果が認められたものではありません。主な目的はまつ毛に栄養を与え、ハリやツヤを良くすることが主な目的となります。

 

まつ毛が伸びる、増毛する効果が認められた唯一の成分はビマトプロストといわれる成分であり、まつ毛を伸ばしたり増毛目的でまつ毛美容液を使用するのであればこの成分が入ったまつ毛美容液使用する必要があります。
ただし、この成分は日本では医薬品に指定されているため一般に市販はされていません。

 

そのため、ビマトプロスト配合のまつ毛美容液は、美容クリニックなどで購入するか海外から個人輸入代行を利用して購入するなどしなければ入手することはできません。

 

 

医薬品と市販品の違い

ビマトプロスト配合のまつ毛美容液は、医薬品として認可されている成分です。これが何を意味するのかというと、医薬成分としてに認められるということは、臨床試験などを行うなどしてその効果が実証されているということです。つまり、まつ毛の育毛効果が得られるという証明になります。

 

それに対して、市販されているまつ毛美容液は、臨床試験などを行わなくても、客観的な効果がなくても、メーカーはまつ毛美容液として発売できます。ここに大きな違いがあります。市販の商品には、その効果が証明されていない、いわゆる効果が不明であるという特徴があります。これが市販と医薬品の最も大きな違いになります。

 

ビマトプロスト配合のまつ毛美容液は、医薬成分としてその効果が認められていますが、副作用が強いというデメリットがあります。それだけ育毛効果が優れるための副作用が存在することが多いのです。

 

逆に、市販品は、目にみえる効果というのは期待できない分、副作用も少ない場合が多いといえるでしょう。基本的に体に影響の少ない成分でつくられています。

 

 

ジェネリック医薬品について

ビマトプロスト配合のまつ毛美容液の代表的なものは「ルミガン」といわれる商品です。このほかにもビマトアイドロップスやケアプロストなどがあります。

 

ビマトアイドロップスやケアプロストは、ルミガンのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは先発医薬品(この場合はルミガン)の発売後、特許が切れたタイミングで他メーカーによって同様の成分で製造された医薬品の事です。先発医薬品(ルミガン)と同成分で製造された商品なので同様の効果が得ることができます。

 

ルミガンとの主な違いは、製造メーカーが違うという点と先発医薬品であるルミガンのように開発費用が掛かっていないため価格が安いという点です。

 

少しでも価格を抑えたい方は、同成分で価格の安いジェネリック医薬品の使用がお奨めです。